将来を考えた下積みに熱心なプログラマー

6月 21, 2017 · Posted in · 将来を考えた下積みに熱心なプログラマー はコメントを受け付けていません。 

残業の多い忙しい職場は、できれば避けたいと考えるプログラマーは多いです。しかし考え方を変えてみれば、忙しい職場にはむしろメリットが見えてきます。エンジニアの中にはあえて残業を引き受けて意欲的に仕事をこなしている人たちもいて、彼らがなぜそのような行動を取るのか理由も分かります。
プログラマーは開発経験を積むほどスキルアップの効果が得られます。エンジニアにとって技術力は特に重視される能力であり、多くの仕事の経験を得て実力を伸ばすほど将来が安泰です。キャリアの早い段階で苦労してでも下積み経験を積めば、その後の仕事はかなり楽になります。同じ時期に仕事を始めたエンジニア同士でも、豊富な開発経験を積み重ねてきた人物は出世が早いです。将来の出世に対する投資の一つだと思えば、仕事の忙しさも十分に許容できます。
ただし激務な仕事を続けていると体を壊す理由にもなるため、過労のリスクに対して備えが必要不可欠です。過度な労働は心身に疲労を蓄積させ、定期的にリフレッシュしなければやがては仕事をリタイアする事態にもなりかねません。そのため自主的に仕事量をコントロールする心掛けは欠かせません。
もし忙しい仕事で疲労が蓄積と判断できるようであれば、休息を取って体を万全の状態に整える判断能力も必要なスキルの一つです。自身がどの程度の残業に耐えることができるか把握できれば、許容範囲での中で仕事の経験を多く積んでスキルアップができます。もし体力が限界を迎えている状態ならば、転職を考えるなり他の方法を探るのも一つの手です。
このサイトが私の言いたいことを代弁してくれているので載せておきます◆◇プログラマ残業問題研究所◇◆