プログラマーの仕事に体力が必要な理由

7月 1, 2017 · Posted in · プログラマーの仕事に体力が必要な理由 はコメントを受け付けていません。 

プログラマーの仕事は頭脳を使うだけでは務まりません。その理由は、度重なる残業によって体力が必要な場面もあるからです。通常のスケジュールでは問題ないものの、開発スケジュールがハードになると徹夜が続く場合も珍しくはなく、体力がなければ乗り切ることができません。そのため体力に自信のあるプログラマーは、ハードな開発現場で活躍できるチャンスがあります。若いプログラマーは、有り余っている体力を活かして最後まで開発の仕事をやり遂げられます。
一方で、普段からあまり運動せず体力に自信のない技術者やあるいは年配の技術者は、残業が多い開発現場では体力的な理由から開発の仕事を乗り切れず活躍が難しいです。
そこでプログラミングのスキルを高めるだけでなく、普段から体力作りに取り組む事も重要な課題の一つとして掲げます。自宅やオフィスにこもって勉強しているばかりでは体力を高める事はできないため、職場への通勤時間やあるいは休日を利用して、地道に体力をアップさせる取り組みを行う事が望ましいです。
例えば簡単にできて体に負担が小さい運動方法には、ウォーキングやジョギングがあります。初めは簡単な運動から初めて、基礎的な体力を身に付ける事から始めるのがベストです。運動で体力が高まると共に、これまで辛いと感じていた仕事の残業もそれほど苦には感じません。体力増強の効果が着実に表れていて、体を鍛えることがプログラミングの仕事にとってプラスになる事がよく分かります。