残業の技術者が必ずしも仕事熱心でない理由

6月 29, 2017 · Posted in · 残業の技術者が必ずしも仕事熱心でない理由 はコメントを受け付けていません。 

残業しているプログラマーは、仕事に熱心のように見えます。しかし実際には、職場に居残って仕事をしているからといって仕事に対して熱心であるとは限りません。本当にプログラミングの仕事に対し熱心に取り組んでいるエンジニアは、休みの過ごし方を見れば良く分かります。仕事熱心なプログラマーは、休日の時間を利用してプログラミングの勉強に力を入れているのが特徴的です。
その理由は、勉強を重ねて開発スキルを向上させるほど、開発現場では与えられた仕事を短時間で処理することができ、残業もせずに済むためです。プログラミング作業は工夫すれば作業量を大幅に短縮することもできます、腕のいいエンジニアであれば、他のエンジニアよりもシンプルで分かりやすくコンパクトなコードを書く実力を持ちます。この点を踏まえると、残業しているのは仕事の効率の問題とも捉えることができ、必ずしも優秀なエンジニアであるとの証明にはなりません。
プログラミング技術者が休日を利用して勉強する理由を分かっていれば、これからはソフトウェア開発のエンジニアたちへの見方が変わります。もし将来、ソフトウェア開発の仕事を選ぶことがあれば、この仕事は常に新しいプログラミングスキルの勉強が必要であると認識したほうが望ましいです。勉強には時間や労力は掛かる一方で、着実に努力してプログラミングのノウハウを吸収した分だけ、その後の開発の仕事は楽になりさらには得られる収入もアップします。